日本特定技能考试培训 | 外食业

卫生管理 | 衛生管理 (えいせいかんり) 1

联系客服观看更多技能考试培训视频

课件

考题示例

Q1.「飲食店(いんしょくてん)での 食中毒(しょくちゅうどく)の 原因(げんいん)」として、不適当(ふてきとう)なものを ひとつ選(えら)びなさい。

  1. 食品(しょくひん)に 洗剤(せんざい)が ついてしまう。
  2. 食品(しょくひん)を 加熱(かねつ)しすぎてしまう。
  3. 原材料(げんざいりょう)の 衛生管理(えいせいかんり)を 十分(じゅうぶん)にしていない。
  4. 体調(たいちょう)が 悪(わる)かったり、手(て)を 洗(あら)わなかったりする。

Q2.「食中毒(しょくちゅうどく)の 分類(ぶんるい)」に 関(かん)する記述(きじゅつ)として、適当(てきとう)なものを ひとつ選(えら)びなさい。

  1. 食中毒(しょくちゅうどく)は 「細菌性(さいきんせい)・ウイルス性(せい)・科学性(かがくせい)・寄生虫(きせいちゅう)」に 分(わ)けられる。
  2. 食中毒(しょくちゅうどく)は 「細菌性(さいきんせい)・ウイルス性(せい)・植物性(しょくぶつせい)・寄生虫(きせいちゅう)」に 分(わ)けられる。
  3. 食中毒(しょくちゅうどく)は「抗菌性(こうきんせい)・ウイルス性(せい)・科学性(かがくせい)・寄生虫(きせいちゅう)」に 分(わ)けられる。
  4. 食中毒(しょくちゅうどく)は 「抗菌性(こうきんせい)・ウイルス性(せい)・植物性(しょくぶつせい)・寄生虫(きせいちゅう)」に 分(わ)けられる。

Q3.「ウイルス性(せい)食中毒(しょくちゅうどく)」と 「寄生虫(きせいちゅう)食中毒(しょくちゅうどく)」について、適当(てきとう)なものを ひとつ選(えら)びなさい。

  1. ウイルス性(せい)食中毒(しょくちゅうどく)の 原因(げんいん)になるのは、 コロナウイルスや インフルエンザウイルスなど である。
  2. ウイルス性(せい)食中毒(しょくちゅうどく)の 原因(げんいん)になるのは、ノロウイルスや インフルエンザウイルスなど である。
  3. 寄生虫(きせいちゅう)食中毒(しょくちゅうどく)の 原因(げんいん)になるのは、サルモネラや 昆虫(こんちゅう)などである。
  4. 寄生虫(きせいちゅう)食中毒(しょくちゅうどく)の 原因(げんいん)になるのは、アニサキスや回虫(かいちゅう)などである。

Q4.「食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)3原則(げんそく)」について、適当(てきとう)なものを ひとつ選(えら)びなさい。

  1. 食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)3原則(げんそく)は 「さわらない・ふやさない・あたためる」である。
  2. 食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)3原則(げんそく)は 「つけない・ひやさない・やっつける」である。
  3. 食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)3原則(げんそく)は 「つけない・ふやさない・やっつける」である。
  4. 食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)3原則(げんそく)は 「あけない・ふやさない・あたためる」である。

Q5.「食中毒(しょくちゅうどく)の 予防(よぼう)」について、適当(てきとう)なものを ひとつ選(えら)びなさい。

  1. 調理(ちょうり)を 始(はじ)める前(まえ)に、手(て)や まな板(いた)、包丁(ほうちょう)を 消毒(しょうどく)する。
  2. 生(なま)の肉(にく)や 魚(さかな)を 切(き)ったまな板(いた)や 包丁(ほうちょう)は、消毒(しょうどく)して きれいに 洗(あら)う。
  3. 食品(しょくひん)を 10℃以下(いか)で 保存(ほぞん)すれば、細菌(さいきん)は 増(ふ)えない。
  4. 人(ひと)に 害(がい)を およぼす細菌(さいきん)や ウイルスは、加熱(かねつ)すれば ほとんどやっつけることが できる。
答案请联系客服要

课件



最新赴日职位

请加微信获取更多信息:yangxing163

与志同道合的人一起
追随自己的激情与梦想!

联系方式
联系方式
热线电话
QQ客服
微信: xunyangtay
error: